【趣旨】
「ぼうさい甲子園」は、阪神・淡路大震災の経験と教訓を未来に向かって継承していくため、学校や地域で防災教育や防災活動に取り組んでいる子どもや学生を顕彰する事業です。日常の備えとなる学校や地域での取り組みを募集し、毎年1月に兵庫県公館で式典を開催し、受賞校の表彰式・発表会を行っています。
次世代を担う子どもたちの防災活動や災害に取り組む活動が、防災教育の新たな道を切り開き、前進していきますように、との願いを込めて、1.17防災未来賞「ぼうさい甲子園」を実施いたします。

【選考基準】
1.地域性:自分が住んでいる地域の実情に合った取り組みをしている。
2.独創性:活動内容に創意工夫があり、ユニークであること。
3.自主性:子どもたちが積極的に参加、考えながら取り組んでいる。
4.継続性:一過性の取り組みではなく、大人になってからも有効な防災意識を持ち続けられる内容である。

【賞および賞金】
・「グランプリ」  ぼうさい大賞の中から1点(賞金40万円)
・「ぼうさい大賞」 各部門1点(賞金20万円)
・「優秀賞」    各部門1点
・「奨励賞」    各部門数点
・「はばタン賞」  該当数
・「だいじょうぶ賞」該当数
・「テーマ賞」   該当数

【年間スケジュール】
・6月:応募受付開始
・9月:応募締切(当日消印有効)
・11月:選考委員会
・12月:記者発表
・1月:表彰式・発表会

【主 催】
・兵庫県、毎日新聞社、(公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構(人と防災未来センター)

【後 援】
・内閣府、総務省消防庁、文部科学省、国土交通省、兵庫県教育委員会、神戸市、神戸市教育委員会、
 ひょうご安全の日推進県民会議、関西広域連合

【協 賛】
・UR都市機構

【事務局】
・(特非)さくらネット