さくらネットとは?

  組織情報

  アクセス


特定非営利活動法人 さくらネット

〒663-8201
兵庫県西宮市田代町16-8
パルティーレN棟 西号室
TEL:0798-64-5829

 



震災20年特別企画 熊本支援 あそ冒!まな望!防災プロジェクト
1.17 防災未来賞 ぼうさい甲子園
ぼうさい甲子園10周年 ネパール・バングラ 防災プロジェクト
災害時 福祉救援ネットワーク

トップページ >  活動報告 > 活動報告詳細

近江八幡市立北里小学校で講演を行いました

平成25年11月11日(月)、滋賀県近江八幡市立北里小学校で、講演をさせていただきました。

この日は、北里小学校の“防災教育デー”。
中休み、緊急地震速報装置が作動!予告なしの避難訓練です。
子ども達は大きな音に一瞬戸惑いを見せたものの、
グラウンドで遊んでいた子どもたちは、
すぐに中央に集まり、小さくなって頭を守りました。
体育館への避難が完了したあと、小学1〜6年生まで、
約300名の児童のみなさんを対象に、お話しさせていただきました。

テーマは、「さいがい と ぼうさい について知ってみよう、考えてみよう」
阪神・淡路大震災の被災体験、防災を学ぶ大切さ、
周りの人を大切にすることが、防災の第一歩だとお伝えしました。

全国の防災教育の実践事例、さくらネットで作成した防災啓発ツール、
1.17防災未来賞「ぼうさい甲子園」等について、ご紹介させていただきました。

子ども達は頷きながら、話しに耳を傾けてくれました。

「ぼくのお母さんも、地震で家が壊れて、避難所にいたって言ってたよ。」
「家で非常持出し袋をちゃんと用意しているよ。」
講演会終了後、子どもたちが声をかけてくれました。

講演の話から、自分が知っている災害を思い返し、
自分の家の備えについて振り返るきっかけになったようです。
子どもたちのイメージする力は素晴らしいなと改めて感じました。

北里小学校のみなさま、ありがとうございました。

(河田のどか)



 ページトップへ戻る